【凪のお暇】元カレ・慎二とは?モラハラ・クズ男…ネットの評判

凪のお暇の慎二の文字 漫画・ラノベ




あやえみ
ワーママ部のあやえみです
今回は、わたしがハマってる漫画「凪のお暇(なぎのおいとま)」に出てくるキャラクター「我聞慎二」について解説します。

スポンサーリンク

我聞慎二(がもうしんじ)とは?

▼2巻表紙の右側の男性が「慎二」

主人公・凪の元カレ。
凪とは同じ職場で出会う。
店で使うリモコン(例:デンモク)を売っている会社の営業部のエースで出世頭。
将来有望、また愛想の良さから女子社員からの人気は絶大。
太い眉毛に八重歯がチャームポイント。目力がスゴい。

子どものころから空気を読むのがうまく、相手が欲しい言葉が分かる。
空気を読むのが苦手な凪とは正反対のタイプ。

しかし「空気を読む」ということは「相手にとって都合がいい酸素」になることだと思っており「そこに俺はいない」とカラッポな自分を自覚している。

凪に振られた後は、時折夜の蝶・杏(あん)の元に通って凪への未練を吐き出し泣いてデトックスをしている。

ちなみに慎二は髪フェチで、凪に声をかけたのもサラサラの髪がきっかけ。

ズタボロになって汚れたビニール袋を「不憫」だと感じ、きちんとゴミ袋に捨てるという慈悲深い(?)面もある。

凪に振られた理由

同僚の男との会話がきっかけ。
「結婚は?」と恋人のことを聞かれて「アッチがいいから会ってるだけ」と身体目当てのように発言したのをきっかけに「貧乏くさい飯・節約系女子」と続けざまに悪口を言ってしまう。

慎二自身は男同士のノリで(ノロケる雰囲気ではないと空気を読んだ)本心ではないことを言ったのだが、同じ職場に勤める凪に聞かれてしまう。

この会話を聞いた凪はストレスから過呼吸をおこし退職。
謝ろうとしたものの連日の全国出張でケアができないまま凪と連絡がつかなくなる。
職場経由で新しい住所を聞き、凪に会いにいくが手ひどく拒絶されてしまう。
変わろうとする凪に「お前は絶対変われない」と言い放ち、「監視」するために会いに行く。
慎二の自宅のある三軒茶屋から凪の住む立川までは1時間以上かかるが、定期的に凪のもとを訪れるようになる。

凪と同じアパートの住民とも持ち前のコミュニケーション力で仲良くなる。

スポンサーリンク

慎二の仕事がデキるエピソード

空気を読むのが得意・上手いと自分でも自覚している。
取引先からは「好まれるキャラクター」を演じて懐にはいりこみ、可愛がられている。
取引先から値下げを持ちかけられても、担当の上司への不満をつついて論点をすり替えることもお手の物。
飲み会のシメのスピーチもソツなくこなすことができる。

慎二のモラハラ

仕事を退職し、しばらくのお暇を経て自分を見つめ直そうとした凪に対して「ブスになったぁ」とクセ毛を遠慮なく鷲掴みする慎二。

「私にかかわらないで」と凪から拒否されるものの「やだね」と言い切り、「いいか凪。おまえは絶対変われない。その様を俺が見ててやるよ」と言い捨てて部屋を出る。

つきあっている間は日常的にモラハラを繰り返していた。

例:悪徳商法につかまってしまう凪をみて「いい人ってのはどうでもいい人」「なめられてんだよおまえ」と言い放つ

慎二本人は「好きだからいじめたくなる」と言っておりモラハラをしているという自覚は薄い。

凪に変わってほしくないのは「蹂躙しやすいままでいてほしいため」と杏に指摘されてギクりとするシーンがあるので内心は気づいている可能性が高い。

スポンサーリンク

慎二の号泣・ボロ泣きシーン

慎二の号泣は「ありのままの私をあなたは愛してくれなくていいから今後一切 私にかかわらないでください!!」と凪から振られたことがきっかけ。

慎二の号泣した顔は1~3巻では書かれていないが、1巻では駅で人が振り返り「ちょっと今の人見た? めちゃくちゃ泣いてた! ボロ泣き!!」と言われるほど。

4巻ではアパートの隣人のゴンの魅力に振り回され、自分が見えなくなった凪に「マジでスベってんなよ…っ」とかすれた声で言って泣いてしまう。
「泣いてる?」と凪に聞かれても「なんで俺が泣くんだよドブス」「よく見ろ雨だ雨」と言ってつっぱねるひねくれ者。

凪がゴンと関係を持ったことを思い返し、電車内で号泣するシーンもある。
向かいに座っていた子供に「あのお兄ちゃんすごい顔で泣いてたよ」と言われてしまう。
この時の顔も、漫画では書かれていない。

慎二の実家・家族構成

家族構成・父、母、兄(慎一)、慎二

慎二が私立の一貫校(小中高大学エスカレーター式)に通っていたこと、また自宅が大きな一軒家だったことからお金持ちであることがわかる。
凪を顔合わせのため慎二の実家に連れてきた時には、仲のよい家族ショーのように良い父・母・息子の役割を演じていたが、実際は破綻している。

慎二の母

「きれいで少し天然な専業主婦のお母さん」が外から見た印象。
実は美容整形モンスター。
漫画で描かれた横顔は不自然に歪んでいる。

料理はせず、冷蔵庫にあるのはデパ地下のデリ。
凪との顔合わせの際にも、高級なパンを取り寄せていた。
慎二から「この魚、イワシ?」と聞かれても「わからない」と答える。
慎二は母が魚をさばいている姿を見たことがない。

慎二の兄である慎一が受験に失敗してヒステリーを起こしたことがある。
慎一の帰りを待っている。

慎二の父

「誠実で優しそうな公務員のお父さん」が外から見た印象。
実は愛人が四人いて、さらにその愛人には子供までいる。
ほとんど家には帰らず愛人の家にいるらしい。

慎二の兄(慎一)

慎一はそんな家に嫌気がさし家に寄り付かない。
受験に失敗した過去がある。
慎二とは声がそっくり。

スポンサーリンク

ネットの慎二の評価

「最初はクズだと思ったけど、生い立ちや慎二視点の話を読んで好きになった」
と慎二の家庭環境が描かれてから慎二のキャラを好意的に受け止める人がいる一方「どんな生い立ちがあってもモラハラはモラハラ」という意見もみられました。

関連記事>>>【凪のお暇1巻ネタバレ】あらすじ・感想!彼氏・慎二との関係は?
関連記事>>>【凪のお暇2巻ネタバレ】あらすじ・感想!慎二・ゴンと三角関係!?
関連記事>>>【凪のお暇】4巻のネタバレあらすじ・感想
慎二の恋のライバル!?>>>【凪のお暇】ゴンさんとは? アパートのお隣さん&新しい恋人!?

▼1~4巻まで発売中です

created by Rinker
¥734 (2019/12/10 23:25:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥734 (2019/12/10 23:25:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥734 (2019/12/10 23:25:11時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク