悪役令嬢カタリナはなぜモテる?破滅フラグ・転生前・婚約破棄まとめ

悪役令嬢カタリナ 漫画・ラノベ

スポンサーリンク



WEB小説の「小説家になろう」の連載をきっかけに書籍化され、現在pixivでコミカライズされている「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の主人公「カタリナ・クラエス」のキャラクターについて紹介します。

漫画・小説最新刊までのネタバレを含みます。ご注意ください

スポンサーリンク

悪役令嬢カタリナの性格は?


カタリナは公爵令嬢として生まれ、蝶よ花よと育てられて高慢ちきなお嬢様に成長しました。

しかし8歳の時に頭を強く打った際に、この世界が転生前に攻略していた「FORTUNE LOVER(フォーチュンラバー)」という乙女ゲームの世界だということを思い出します。

記憶を思い出した後は、元の庶民だった性格が強く出て、落ちたお菓子を拾い食いするほど食い意地のはった、元気いっぱいで素直な性格に別人のように変わります。

破滅フラグを回避しようと、国外追放されても行きていけるように魔法の能力を磨きます。

その方法は、まさかの「畑作り」

カタリナの魔法属性は「土」で、カタリナ自身が「土ボコ」というほど地面をちょこっと盛り上げて人を転ばせることくらいしかできません。
(ゲーム内ではその魔法を使って主人公を転ばせるなどして悪用していました)

そこで、「土と対話するなら畑」と転生前の祖母のアドバイスに従って、畑づくりのスキルをせっせと磨きます。

また、畑作りのスキルがあれば、身ひとつで国外追放されても行きていけると思ってのことです。

この視点からもわかるように、カタリナはどこか視点がズレていて、難しいことを考え続けることができない性格です。

なにか問題が起こった時は脳内に複数のカタリナが円座になって、問題解決策を募ります。

導き出された解決策はピントのズレた案ですが、もともとお人好しの転生前の性格が強くでていて、そこが裏表のないカタリナの魅力にもなっています。

この畑作りエピソードでは腹黒の第三王子・ジオルドの完璧仮面も一瞬笑いで剥がれ落ちてしまうほどで、正式に婚約が成立してしまいました。

またうっかりした性格からメアリと婚約予定の第四王子・アランのセリフを悪気なく奪ってしまうなど転生前に得たゲームの知識でトラブルを巻き起こしたりもしています。

困っている人を見過ごせない性格で、男女問わず人たらしの面があります。

反面、色恋にはまったく免疫がなくジオルドからのあからさまなアプローチにもまったく気づいていません。

首筋にキスマークをつけられても「虫?」と思ってしまうほどの激ニブでもあります。

攻略対象と悪役令嬢カタリナとの関係は?


乙女ゲームの攻略対象と転生後のカタリナの関係について紹介します。

【悪役令嬢カタリナとの関係】第三王子……ジオルド・スティアート

なんでもできる天才肌で、毎日に飽き飽きしていたところ、自分の予想外の行動をするカタリナから目が離せなくなってしまいました。

なにがなんでも婚約解消はしない姿勢を貫いています。

ちなみに蛇が苦手ですが、カタリナからは破滅エンド回避のために蛇のオモチャを投げつけられたことがあります。

まわりはジオルドの完璧仮面にだまされていますが、カタリナはいち早く疲れているジオルドに気づきました。

カタリナはジオルドにとって魅力的で、安らぐ存在になっています。

【悪役令嬢カタリナとの関係】第四王子……アラン・スティアート

ジオルドの双子の弟ですが、完璧超人の兄と比べられてきたためコンプレックスからひねくれた性格をしています。

優しげな王子然としたジオルドとは違い、ワイルドな風貌をしています。

婚約者であるメアリがあまりにもカタリナのことを話題にするので嫉妬をして家を訪ねてきます。

木登りの勝負を持ちかけられて面食らうも、負けじと勝負を挑みカタリナと仲良くなります。

野性的な風貌に似合わず、楽器の演奏が得意で、そのことをカタリナに絶賛されました。

アランにはアランの良さがあると教えてくれたカタリナを密かに想っています。

妹のように想っている婚約者のメアリとはジオルドの魔の手からカタリナを護るべく同盟を組んでいます。

傍目からはメアリとお似合いのカップルのように思われていますが、実情は違っています。

【悪役令嬢カタリナとの関係】義弟……キース・クラエス

カタリナの義弟です。

クラエス家に引き取られる前は兄弟から虐げられるなど過酷な経験をしました。

ゲーム版では義姉のカタリナ・義母から冷たくされて愛情不足に陥り、女性と浮名を流すプレイボーイに育ちます。

転生後のカタリナは「愛情不足になってチャラ男になるから破滅フラグが訪れてしまう。だったら私がかまってあげればいい!」と優しく接します。

カタリナの母から冷遇されていたのは、夫の愛人の子供だと誤解があったからですが、カタリナのおかげで早期に誤解は解決されました。

「かわいいから」と夜着姿をカタリナに見せられるなど、まったく男扱いされていないことが悩みです。

プレイボーイどころかまるでヘタレの扱いになっています。

暴走しがちなカタリナの監督役として、誤解がとけた義母からは絶大な信頼を寄せられています。

悩みは最近積極的になってきたジオルドの魔の手からいかにカタリナを守るか、という点です。

【悪役令嬢カタリナとの関係】宰相の息子……ニコル・アスカルト

成長するに従って色気がムンムンのニコル。

男女問わず、その魅惑の微笑みには失神者が出るほどの威力があります。

カタリナ曰くまるでロマンス小説に出てくる「魔性の伯爵」のよう。

ロマンス小説仲間である妹のソフィアの付き添いでクラエス家を訪れた際に、カタリナと出会います。

アルビノ風の妹のことを口さがなく言われ辟易していた中、カタリナに「ご両親はあんなに素敵で妹さんはあんなに可愛くて、ニコル様は本当に幸せ者ですわね」と言われたことがきっかけでカタリナに惹かれます。

真面目な性格のため婚約者のいるカタリナに想いを寄せることはやめようとしますが、両親も実は略奪婚だったと妹ソフィアからはけしかけられています。

この主要攻略対象の4人以外にも、メイドのアン友人のメアリソフィア、本来の乙女ゲームの主人公・マリアソラからも想いを寄せられています。

スポンサーリンク

悪役令嬢カタリナに転生する前はどんな女の子だった?

転生前は男兄弟と野山を駆けずり回っていた「野猿」と呼ばれた女の子です。

特技は「木登り」。

女友達からすすめられた乙女ゲームにハマって母親に怒られるほどやり込んでいました。

高校生の時に、交通事故で亡くなってしまいました。

ちなみにこの「木登り」のスキルは、カタリナになっても活かされていて第四王子・アランとの勝負で勝っています。

(そもそも王子は木登りなんてしたことがありませんので、この勝負には度肝を抜かれていました)

悪役令嬢カタリナの破滅フラグとは?

乙女ゲーム版のカタリナは、主人公ヒロインと攻略対象のジオルドがハッピーエンドで国外追放バッドエンドで死亡、といった破滅フラグが待ち受けています。

ちなみに、他の逆ハーレムエンド、義弟のキースエンドでも同じくハッピーエンドで国外追放、バッドエンドで死亡になっています。

転生したカタリナは、この破滅フラグを回避する努力をします。

それがこの小説のメインストーリーとなっています。

スポンサーリンク

悪役令嬢カタリナはジオルドと婚約破棄できる?

カタリナは、ジオルドとの婚約破棄を狙っています。

ジオルドとの婚約は、カタリナが自分の不注意で額につけてしまった傷が原因です。

カタリナは初めてみる理想の王子様に我を忘れてベッタリくっつきすぎてしまい、結果王子に激突して転倒。

転んだ拍子に額を石でザックリと切ってしまったのでした。

嫁入り前の貴族の女性の顔に傷をつけてしまったと、ジオルドは責任をとってカタリナと婚約します。

ゲーム版のカタリナは、そのことを盾にとり婚約者という立場で主人公ヒロインをいじめます。

転生したカタリナは破滅エンドを回避すべく、額の傷が消えたタイミングで婚約解消を申し出ますがジオルドに「まだ傷は残っている」と言われ婚約解消には至っていません。

【悪役令嬢カタリナ】まとめ

小説と漫画もどちらも面白くて、あっという間に読み終わってしまいます。

小説はライトノベルだけあってサクサク読めます。

小説が原作の漫画ですが、忠実にコミカライズされているので、漫画で読んだ後、続きが気になる場合は小説、と飛ばして読んでもつじつまが合います。

小説版では学園を卒業をして就職した後の成長したカタリナの活躍が読めるのでおすすめです。

特に大人になるとジオルド王子からのアプローチが熱烈でニヤニヤします!

最近話題の「悪役令嬢モノ」ですが、一番人気なのもわかります。

キャラ作りや過去背景がしっかりしているので大人でもしっかり楽しめます。

▼漫画版

▼小説版

関連記事>>>悪役令嬢・転生おすすめ小説まとめ!作品の特徴・面白さを徹底解説

スポンサーリンク